Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

お盆直前、帰省時に気を付けたい7つのセキュリティ対策 - G DATA

G DATA Softwareは、まもなくお盆休みを迎え、帰省など通常とは異なるインターネット環境を利用する機会が増えることから、気を付けるべき7種類のセキュリティ対策を取りまとめ、紹介している。

不特定多数が利用するPCやネットワークを利用した場合、外部からの攻撃にさらされる可能性が高く、個人情報の盗聴など被害を受けるケースがあるとして、気軽にだれでも実践できるセキュリティ対策のポイントをまとめたもの。

不用意な個人情報の入力を避けたり、残存する個人情報の削除といったPC利用後のケアなど、ポイントは以下の7種類。同社では、パソコンの盗難や紛失と合わせて気を付けるよう注意を呼びかけている。

1:ネットカフェや公衆無線LANで個人情報を入力しない
2:PC使用後に一時ファイルや履歴、クッキーを削除、ウェブサービスからのログアウト
3:旅行先からのメールは、「捨てアドレス」を利用
4:ネット通販、オンラインバンキングの使用を避ける
5:クレジットカード情報を入力しない
6:ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティ対策ソフトの使用
7:データのバックアップ、重要なデータの暗号化

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず