Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休暇案内メールの誤送信で個人情報が流出 - パナソニックシステムソリューションズ

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、取引先の担当者に案内メールを同報送信した際、個人情報が流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、8月1日に取引先担当者へ送信した「夏季休暇の案内」メール。13社35人に対し3回に分けて送ったが、いずれも宛先を「CC」に設定していたため、氏名、会社名、メールアドレスが表示された状態で送られた。

同社では対象となる取引先担当者に説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
九州商船の予約サイトに不正アクセス、会員情報流出の可能性 - 不正ファイルが設置され外部通信
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 日本スポーツ振興センター
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社