Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休暇案内メールの誤送信で個人情報が流出 - パナソニックシステムソリューションズ

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、取引先の担当者に案内メールを同報送信した際、個人情報が流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、8月1日に取引先担当者へ送信した「夏季休暇の案内」メール。13社35人に対し3回に分けて送ったが、いずれも宛先を「CC」に設定していたため、氏名、会社名、メールアドレスが表示された状態で送られた。

同社では対象となる取引先担当者に説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル