Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ分析やポリシー違反監視をSaaS形式で提供 - オージス総研ら

オージス総研とさくら情報システムは、ログの分析と監視をSaaS型サービスで提供する「Can査ぽーと」を開始する。

同サービスは、両社協業による「ITマネジメント・トータルサポート」の第1弾として提供すもので、さくら情報システムのログ分析パッケージ「PowerAudit」をベースに、ログの分析および監視サービスをSaaS形式で提供するもの。

同サービスでは顧客のログをオージス総研データセンターに転送し、企業のセキュリティポリシーに沿って分析。フィルタリングにより不正に繋がる兆候のログを切り分け、脅威レベルに応じて表示する。

結果は専用のウェブ画面から確認でき、人事情報と組み合わせて違反者の特定が可能。ワークフロー機能により違反者に対する事情説明の要求なども行える。またログ監視の状況をまとめるレポート作成機能も備えた。

価格は、初期費用が70万円から。月額利用料金は、100Gバイトまでのログ管理を行う標準モデルで18万円から。

(Security NEXT - 2008/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO