Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失PCの遠隔データ削除など「HP Total Care」に新サービス - 日本HP

日本ヒューレット・パッカードは、PCのライフサイクルに合わせたサポートを提供する「HP Total Care」に、3種類の新サービスを追加した。

「HP Total Care」では、現在、「データリカバリサービス」「HD返却不要サービス」が提供されており、今回は第2弾として新たに3種類のサービスを追加した。

「HP Eメールフィルタ」は、シマンテックとの提携により提供されるメール管理のホスティングサービス。受信メールを同社サーバでフィルタリングを行い、迷惑メールを排除して顧客へ送信する。ハードウェアの購入やメンテナンスは不要。価格は、1アカウントの1年利用で3150円。

「HP Care Pack PCトレーシング」は、ノートPCの盗難や紛失時に、所在情報をメールで通知するサービス。2つのサービスレベルが用意されており、スタンダードの「シルバー」では、紛失したPCがインターネットに接続されると、IPアドレスやホスト名などが指定のメールアドレスに送信される。

「ゴールド」ではそれにくわえて、HDD内のデータ消去を実行できる。価格は1アカウント1年利用で、シルバーが2100円。ゴールドが5775円。

「HP Care Packプライオリティアカウントサービス」は、顧客専用のコール窓口を設置してシステムの安定稼働を支援するサービス。

2つのサービスレベルが選択可能で、「シルバー」では専用コール窓口を設置してハードウェア優先修理対応、PCの台数や構成、障害履歴などのシステムプロファイル管理を行う。「ゴールド」ではこれにくわえ、顧客専門の障害管理担当者が任命され、より迅速な障害対応を行う。

(Security NEXT - 2008/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
カスペルスキー、「Android Wear」に対応
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
ソフトバンク、紛失携帯の捜索機能を強化 - 電源オフや圏外でも
日立SYS-ES、鞄やPCの置き忘れをスマホに通知するソリューション
カスペルスキー、法人向けモバイル製品に機能拡張版
アセントネット、MDMサービスにホワイトリスト機能
LINE、決済サービスに不正利用損害を補償する制度
NTTネオメイト、モバイルデバイスの業務利用を支援するMDMサービス
ワイモバイル、MDMサービスを開始