Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業ネットワークの資産やリスクを評価する新サービス - KCCS

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、企業ネットワークにおける資産やリスクを調査し、評価する「SecureOWL ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」「サーバ設定確認サービス」を8月20日より提供開始する。

「SecureOWL ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」では、ネットワーク内に脆弱性診断アプライアンスである「nCircle IP360」を設置し、同社エンジニアが遠隔操作によりイントラネット内に接続されているサーバやネットワーク機器を検出。稼動中のOSやサービス、アプリケーション、脆弱性リスクを台帳化し、CSV形式のデータとレポートを提供する。またオプションで訪問による対応も可能。

一方、「サーバ設定確認サービス」は、同社エンジニアが顧客を訪問し、ヒアリングシートをベースに「Ecora Auditor Pro.」を利用してサーバの設定情報の確認とレポーティングを代行するサービス。管理者権限のあるユーザーの一覧やサービスの一覧や稼働状況、インストール済みパッチやパッケージ情報など、レポートとして提供する。

(Security NEXT - 2008/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
NISTフレームワークへ対応したリスク評価サービス - SecureWorks
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業