Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareを活用したバーチャルアプライアンス市場へ参入 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、VMwareの仮想化技術を利用したバーチャルアプライアンスを、2008年第4四半期を目処に市場へ投入すると発表した。

同社が発売を予定しているのは、ウェブやメール経由の脅威へ対応するゲートウェイアプライアンス製品の後継にあたる「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」の2製品。

バーチャルアプライアンスでは、ソフトウェアをインストールし、設定を済ませたOSのインストールイメージを提供するため、設定が容易で、ソフトウェアのため負荷分散といった機能追加が可能。

同社はハードウェアベンダーと協業し、ハードウェアに「VMware ESX Server」などの仮想化製品を組み合わせ、同社製品を同梱して出荷する予定。OSの調整やセキュリティパッチについても、トレンドマイクロが提供するため、メンテナンスが不要だという。

(Security NEXT - 2008/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
ニフティ、クラウド占有環境による仮想デスクトップサービス
ジュピターテク、端末操作を記録監視する米Teramind製ソリューション
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション
フォーティネット、VMware NSX向け仮想アプライアンスをリリース
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
ルックアウト、法人向けモバイル対策製品をリリース