Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイリングした職業訓練申込書が所在不明に - 雇用・能力開発機構

雇用・能力開発機構において、個人情報が記載された「公共職業訓練申込書」6件の紛失が判明した。

所在が不明となっているのは、同機構和歌山センターが民間の教育訓練機関に委託している公共職業訓練の申込書6人分。申込者の氏名、住所、電話番号、生年月日、雇用保険支給番号のほか、希望する訓練に関する情報などが記載されていた。

7月16日に同申込書をファイリングして保管したが、18日にファイルを確認したところ6人分がなくなっていたという。保管場所の周辺やシュレッダーの内部などを捜索したが見つからなかった。

同センターでは、16日から17日にかけて不要書類の廃棄を行っており、その際に誤って処分した可能性が高いとしている。対象となる申込者には、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2008/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる