Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBEがメーラー用アドオンを提供 - 迷惑メールの判定精度向上も手軽に

NECビッグローブは、インターネット接続サービス「BIGLOBE」の会員に対して「Outlook Express」や「Windowsメール」向けアドオンソフト「BIGLOBEメールバー」の無償提供を開始した。

同アドオンは、「迷惑メールブロックサービス」や「メールウイルスチェックプラス」など、同社が提供しているセキュリティサービスへの申し込みや設定が簡単に行えるメーラー用ツールバー。

「迷惑メールブロックサービス」では、誤判定メールを選択し、同アドオンのショートカットボタンをクリックするだけで申告メールが自動送信することが可能。

また従来は、ウイルス駆除の設定や受信を拒否したいメールアドレスなど、ブラウザから設定する必要があったが、アドオンから設定画面を自動起動することが可能。またメール転送サービス、メールソフトの自動設定ツールなど関連サービスも利用できる。

同社ではベータ版を7月8日より提供し、1週間で1000件弱が利用されるなど公表だったことから正式版の提供にいたったという。

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調