Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoSなど異常トラフィックを検知する解析アプライアンスを発売 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、ネットワークトラフィックの解析や外部からの攻撃を検知できるセキュリティアプライアンス「トラフィック解析ツール」の提供を開始した。

同製品は、ネットワーク内に設置してトラフィックを収集、解析できるセキュリティソリューション。100台までのルータを監視することが可能で、DDoS攻撃をはじめとする異常なトラフィックを検知した場合、運用者へ通知。他機器と連動して防御設定を行うことができる。

設定を行う専用サイトのインターフェースは日本語で、不正アクセスの検知状況をリアルタイムに確認することが可能。またインタフェースでは異常トラフィックの特性を理解しやすいようしきい値など表示するなど工夫しており、レポートはCSVで提供される。

(Security NEXT - 2008/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研