Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で紹介 - ラック

ラックは、サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で表示するウェブページ「脅威は世界中からやってくる」を公開した。

同ページは、同社が設置しているハニーポットで検知した攻撃について、IPアドレスを元に発信源となっている国や地域をGoogleマップ上に表示するサービス。最新500件の脅威から一部を抜粋し、30分ごとに更新する。GoogleマップのAPIを利用しているため、拡大や縮小、航空写真の切り替えなど自由に操作できる。

同社では、同サービスを通じて国外からのサイバー攻撃が身近な存在であることをアピールし、セキュリティ対策の意識向上など、啓発活動に貢献したいとしている。

脅威は世界中からやってくる
世界各国に散らばる攻撃の発信地を表示

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ