Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染報告が1.5倍に、ゲーム関連の不正プログラムが活発 - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロは、7月におけるウイルスの感染被害報告や不正プログラムの調査結果を取りまとめた。1位の「TROJ_CABAT」をはじめ、トップ10のうち半数をオンラインゲーム関連の不正プログラムが占めた。

同社によれば、7月の被害報告数は6368件で、6月の4232件から大きく増加した。1位にランクインした「TROJ_CABAT」をはじめ、オンラインゲームのIDやパスワードなどを盗もうとする不正プログラムがトップ10のうち半数を占めている。また、USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN1」も3位に入るなど、依然としてまん延が続いている。

同社では7月中旬にSQLインジェクション攻撃によるサイト改ざん被害について注意喚起を実施したが、不正プログラム「TROJ_ASPROX」が原因となっている可能性が高いという。また6位に入った「JS_IFRAME」は攻撃で利用されており、7月末の時点でも活動していることから同社では再度注意を呼びかけた。

また、夏季休暇の前後は不正プログラムの配布が活発化する傾向にあるとして、休暇前にはアプリケーションの脆弱性チェックを実施するとともに、休暇中に問題が発生した場合の対応や連絡体制などを確認するよう求めている。

同社が発表した7月のウイルス被害報告数ランキングは以下の通り。

1位:TROJ_CABAT
2位:TROJ_GAMETHIEF
3位:MAL_OTORUN1
4位:TROJ_LINEAGE
5位:BKDR_AGENT
6位:JS_IFRAME
7位:MAL_NSANTI
8位:TROJ_RENOS
9位:TSPY_ONLINEG
10位:MAL_HIFRM

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移