Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリ消費を抑えたウイルス検索エンジンを配信 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、ウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.9」の提供を開始した。

「VSAPI」は、同社が配信するパターンファイルを利用し、ウイルスをはじめとする不正プログラムの検出や駆除を行うモジュール。同社のウイルス対策製品全般に搭載されている。

従来同モジュールでは、すべてのパターンファイルをカーネルメモリ上に展開して処理を行っていたが、最新版では不正プログラムの有無を確認するデータのみ展開することで、平常時のメモリ使用量を最大70%削減したという。

同エンジンは、8月4日よりウェブサイト上で公開を開始しており、アップデート機能による配布についても、企業向け製品については19日、個人向け製品については20日より配信を開始する予定。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験