Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠隔監視に対応した入室管理用ICカードリーダーや管理ソフト - アマノ

アマノは、リアルタイム通信による監視や遠隔操作に対応した入室管理用ICカードリーダーや管理ソフトを発売した。

「RX-Fシリーズ」は、コンパクトなデザインを採用した入退室管理用のICカードリーダー。ICカードはFeliCaとMIFAREに対応しており、テンキー搭載モデルでは、アクセスコードの入力による認証が可能。あわせてカードリーダー4台やドア電子錠2個を制御できる専用制御盤ユニット「CX-200F」を用意した。

また同時に発売する入退室管理ソフト「TimePro-XG入室 Ver6.2」を利用することにより、ドアの状況や在室人数などをリアルタイムに把握することが可能。個人単位で曜日や時間ごとにポリシーを設定したり、通過経路のチェックが行える。

また入退室の履歴を秒単位で管理でき、アラーム監視や遠隔操作を実現。同社就業情報システム「TimePro-XG 就業」との連携にも対応している。

(Security NEXT - 2008/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用
東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開
ALSOK、マイナンバーの運用管理を支援するソリューション
DNP、PC不正操作検知時に部屋へ閉じ込める入退室システム
松下、情報漏洩の抑止や証拠保全に利用できる監視システムを発売
UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化
富士通SSL、異常な振る舞いを検知する監視ソフトを販売
SQL Serverの監査ログを長期保管する統合ログ管理システム - インフォサイエンスら
ALSOK、共連れ入室によるPC不正利用を防止するシステム
NTTデータら、複数のICカードに対応した収納、入退室管理システム