Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト運営者の氏名やサイト情報などが一部閲覧可能に - アドウェイズ

PCやモバイル向けのアフィリエイトプログラムを提供しているアドウェイズは、同社業務サイトの一部が、インターネット上で外部から閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

同社によれば、2008年6月2日から7月7日までの間、登録サイトの営業支援用画面の一部が、外部から閲覧可能になっていたもので、画面にはサイト運営者の氏名やサイト名、サイトURL、支払い情報などが含まれる。

7月7日に外部からの指摘があり判明。原因は人為的な作業ミスで、調査の結果、外部からの閲覧は5件発生しており、7件の情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社ではシステムを修正して外部からの閲覧を遮断。関係者に連絡して説明と謝罪を行った。流出した情報の悪用は報告されておらず、ネット上から完全に削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大