Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者の個人情報を一時紛失、2日後に回収 - 富山社会保険事務局

富山社会保険事務局は、高岡社会保険事務所において、被保険者12人の個人情報を紛失していたことを明らかにした。2日後に回収されたという。

一時紛失していたのは、同事務所管内の被保険者12人分の個人情報。氏名、住所、生年月日、基礎年金番号、国民年金保険料の納付記録などが含まれる。7月12日に同事務所の国民年金推進員が紛失し、同日中に警察へ紛失届を提出。14日に回収された。

同事務所では、対象となる被保険者の自宅を訪問して説明と謝罪を行った。今後は管理者が推進員の活動状況や活動結果を定期的にチェックを行い、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
生徒の個人情報含むPCを一時紛失 - 東京工業高専
個人情報記載の調査関係書類を一時紛失 - 大阪府
研修医が患者情報を無断持出 - 大阪市立総合医療センター
学生の健康診断受診票が一時所在不明に - 北海道教育大
預金残高など顧客情報の記載書類を一時紛失 - 滋賀銀
11月のマイナンバー郵送事故、全国で130件
マイナンバー通知書の一時紛失や誤交付が発生 - 埼玉
日本郵便、マイナンバー通知の配達ミスを公表