Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

帰宅途中に利用したコインパーキングで個人情報盗まれる - 京阪互助センター

京阪互助センターは、従業員が帰宅途中に大阪市内のコインパーキングで車上荒らしに遭い、個人情報を盗まれたと発表した。

盗まれたのは、故人や喪主の氏名や住所、電話番号、葬式の日時など357人分の個人情報を含む施行管理表をはじめ、氏名や住所、電話番号など44人分の個人情報が含まれる顧客の香典返し名簿、個人情報1件を含む施行引継書など。

7月12日に同従業員が直帰する際、業務車両で友人宅を訪問。その際にコインパーキングを利用した際に被害に遭い、鞄ごと書類を持ち去られたという。同社では警察へ被害を届け、関係者へ訪問や郵送により謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
県立高校で生徒情報を紛失、車上荒らしか - 神奈川県
駐車場シェアサービスでクレカ含む個人情報最大11万件が流出か
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院
学童保育所の児童名簿が盗難被害 - 野田市
音楽教室生徒の個人情報が車上荒らし被害 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - トヨタ販売会社
顧客情報含む加入申込書が車上荒らしで盗難 - 名古屋のCATV