Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10医療機関の患者情報を保存したUSBメモリを紛失 - 都立病院の技師

都立広尾病院で、同院ほか10医療機関における患者情報を保存したUSBメモリの所在がわからなくなっている。

同院検査科の技師が、患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失したもの。7月25日に同技師が見あたらないことに気が付き、院内で最後に利用した7月22日以降所在不明になっているという。

同技師は、以前共同研究で得た共済立川病院や慶応大学病院など、同院以外にも10の医療機関における患者の個人情報48人分を、7月中旬ごろから研究目的で検査科内パソコンから私用のUSBメモリへ保存。氏名や年齢、性別、体重、病院名、投与歴、肝炎に関する検査データなど含まれる。

都では関連する医療機関へ謝罪し、患者に対しても謝罪や事情の説明を行う。また事故を起こした技師については、利用を禁止していた私用USBメモリを用いており、処分を検討している。

(Security NEXT - 2008/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院