Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、仮想化技術の導入を支援するラボを設立

シマンテックは、仮想化ソリューションの検証や体験が行える「仮想化ソリューションラボ」を開設する。

同施設は、同社製品の仮想化関連機能を国内で検証するため、技術検証を実施している日本法人「ジャパンエンジニアリングセンター(JEC)」内に設立したもの。データ保護やエンドポイント管理、ストレージといった仮想化技術に対する需要へ対応するのがねらい。

同施設では、技術検証だけでなく、「Symantec Backup Exec System Recovery」や「Veritas Netbackup」など、仮想化環境のバックアップソリューションをはじめ、仮想化技術に対する需要を持つ顧客へ導入を支援。またセミナーなど、デモンストレーションにより同技術を体験できる場を提供する。

(Security NEXT - 2008/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で