Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、仮想化技術の導入を支援するラボを設立

シマンテックは、仮想化ソリューションの検証や体験が行える「仮想化ソリューションラボ」を開設する。

同施設は、同社製品の仮想化関連機能を国内で検証するため、技術検証を実施している日本法人「ジャパンエンジニアリングセンター(JEC)」内に設立したもの。データ保護やエンドポイント管理、ストレージといった仮想化技術に対する需要へ対応するのがねらい。

同施設では、技術検証だけでなく、「Symantec Backup Exec System Recovery」や「Veritas Netbackup」など、仮想化環境のバックアップソリューションをはじめ、仮想化技術に対する需要を持つ顧客へ導入を支援。またセミナーなど、デモンストレーションにより同技術を体験できる場を提供する。

(Security NEXT - 2008/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ