Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県内公立小中学校の330校で個人情報を持ち出し - 埼玉県

埼玉県内にある公立小中学校の約3割において、個人情報が学校外へ持ち出されていることがわかった。

同県が5月から6月にかけて、県内の小学校718校、中学校367校、特別支援学校2校を対象に、個人情報の持ち出し状況について実態調査を実施し、判明したもの。

調査当日に、教職員が児童や生徒の個人情報を学校外へ持ち出していた学校は、全体の30.4%にあたる330校に上った。また今回の調査に合わせ、個人情報の取り扱いに関する規程の有無についても調べたが、1052校と大半の学校に規定が用意されていた。

同県では、6月に開催した小中学校等臨時校長研究協議会で個人情報の盗難や紛失について注意を呼びかけており、調査結果を踏まえ、再度対策徹底を求めて通知を行う。

(Security NEXT - 2008/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
ソフトの不正コピー、ワースト業界は「販売、流通」
不正サイト検知数は5.7%増、格安ランドセル販売を装うフィッシングも
約2.2万人のセキュリティ人材が不足 - IPA調査
SNS上の実名公開、徐々に薄れる抵抗感 - 職場や学校のルール策定進まず
約1.8%のサイトが「Gumblar改ざんサイト」 - 危険サイトの3分の1を占める
国内サイトの改ざんは400件以上、「go.jp」にも - セキュアブレイン調査
情報漏洩心配ながらもP2Pソフト利用 - 66.7%