Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報約3万件がSQLインジェクションで流出 - アイリスオーヤマ子会社

アイリスオーヤマの子会社で、ネットショップを展開するアイリスプラザが、不正アクセスを受け、クレジットカード情報が外部へ流出したことがわかった。

流出した情報は、2007年6月1日から2008年6月6日までに同社ウェブサイトで利用されたカード番号2万8105件で、987件については有効期限も含まれていた。ただし、氏名やメールアドレスは流出していないという。

流出の原因は、中国が発信元となったSQLインジェクション攻撃で、同社によれば、ウェブサイトについてはSQLインジェクション対策を実施していたものの、一部利用していない未対策のプログラムが狙われた。

6月6日にカード会社からカード情報の流出について指摘があり、アクセスログを調べたところ不正アクセスの形跡から事件が発覚。同月中旬よりセキュリティ事業者をまじえたログの分析を開始した。同月末になってカード情報が流出したことが判明した。情報が不正に利用されたとの報告は受けていないという。

今回、事故発覚から公表まで1カ月半の時間が経過したことについて、流出データの特定に時間がかかったと同社では釈明。関連する顧客に対しては7月23日にメールで経緯を報告した。

メールで連絡が取れない顧客については、書面や電話で対応する。また顧客に対して、パスワードの変更やカードの差し替えなど対策を実施するよう呼びかける。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社
メルマガ読者管理DBにSQLi攻撃、一部流出か - ソフト開発会社
eコマースのプラットフォームに不正アクセス、個人情報などが漏洩 - バックドアのUIは中国語
介護情報サイトへの不正アクセス、調査結果を公表 - メアド中心に流出か
介護情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性