Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発設計や調達時に必要な暗号技術の知識を学べる教材 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号技術を扱ったeラーニングコンテンツを開発し、提供を開始した。

同教材は、開発設計や調達時の仕様作成において必要となる暗号技術の知識を学ぶことができるeラーニング用コンテンツ。セキュリティシステムの設計や開発、運用にあたって必要とされる暗号技術を習得でき、暗号技術について技術面だけでなく社会的周辺知識についても取り上げた。

教育機関において活用することも視野に「初心者編」と「初級・中級者編」を用意。「初心者編」では大学の専門課程で暗号技術に関する授業で利用することが可能で、「初級・中級者編」では大学院での授業を想定されている。また理解度を確認できるテストや、実習用プログラムについても提供する。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
音楽グループの宿泊先を漏洩、従業員を解雇 - イベント企画会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ