Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発設計や調達時に必要な暗号技術の知識を学べる教材 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号技術を扱ったeラーニングコンテンツを開発し、提供を開始した。

同教材は、開発設計や調達時の仕様作成において必要となる暗号技術の知識を学ぶことができるeラーニング用コンテンツ。セキュリティシステムの設計や開発、運用にあたって必要とされる暗号技術を習得でき、暗号技術について技術面だけでなく社会的周辺知識についても取り上げた。

教育機関において活用することも視野に「初心者編」と「初級・中級者編」を用意。「初心者編」では大学の専門課程で暗号技術に関する授業で利用することが可能で、「初級・中級者編」では大学院での授業を想定されている。また理解度を確認できるテストや、実習用プログラムについても提供する。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り