Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発設計や調達時に必要な暗号技術の知識を学べる教材 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号技術を扱ったeラーニングコンテンツを開発し、提供を開始した。

同教材は、開発設計や調達時の仕様作成において必要となる暗号技術の知識を学ぶことができるeラーニング用コンテンツ。セキュリティシステムの設計や開発、運用にあたって必要とされる暗号技術を習得でき、暗号技術について技術面だけでなく社会的周辺知識についても取り上げた。

教育機関において活用することも視野に「初心者編」と「初級・中級者編」を用意。「初心者編」では大学の専門課程で暗号技術に関する授業で利用することが可能で、「初級・中級者編」では大学院での授業を想定されている。また理解度を確認できるテストや、実習用プログラムについても提供する。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア