Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃が再燃 - 国内HPの改ざん被害は1万件

SQLインジェクション攻撃による改ざん被害が再び発生している。トレンドマイクロでは、全世界で最大21万、日本国内においても約1万のウェブページで、改ざんの形跡を確認したという。

同社によれば、今回の攻撃はトロイの木馬「TROJ_ASPROX」ファミリーを利用したもので、同ウイルスに感染したPCをウェブプロクシとして踏み台にし、ウェブアプリに対してSQLインジェクション攻撃を行われている。

改ざんされたウェブサイトは、IFRAMEタグが埋め込まれ、閲覧者には不正なJavaScriptがダウンロードされ、マルウェアの多重感染経路となるおそれがある。またダウンロードされるJavaScriptは刻々と変化しており、定義ファイルなどでは対応できない新種や亜種が発生するおそれもあるとして、トレンドマイクロでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超