Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報を誤ってメール配信 - 三井不動産販売グループ会社

九州三井不動産販売は、メールの配信時に誤操作があり、個人情報が流出したと公表した。

同社従業員が7月4日から5日にかけて、25人の顧客へメール配信を行ったが、5人分の個人情報が記載されていたもの。7月6日に受信した顧客より指摘を受け、流出事故が判明した。

同社では事故発覚当日、電話や電子メールにより個別に顧客へ事情を説明。謝罪した。同社では従業員教育を通じて再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研