Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティソリューションの販促で13社が協業

メーカーやベンダーなど13社が協業し、メールセキュリティ対策製品を提供する共同プロジェクト「Total Mail Risk Management & Solution」が発足した。

同プロジェクトへは、日本システムディベロップメントが中心となり、日商エレクトロニクス、丸紅インフォテック、ミラポイントジャパン、マカフィー、日本PGPなどメール関連ソリューションを提供する13社が参加。相互に営業活動を展開し、メールアーカイブやウイルス対策、暗号化など、メールにおけるセキュリティ対策ソリューションをワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK