Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でもカード情報を自動音声で詐取する「ビッシング」が発生

NTTコミュニケーションズは、電話で同社を装い、個人情報を聞き出す「ビッシング詐欺」に注意を呼びかけている。

問題となっている電話は、料金が未払いなどとして、女性による自動音声が流れ、クレジットカード情報などをダイアルボタンで入力させ、詐取するというもの。同社では電話のガイダンスを利用した料金の支払い催促は行っておらず、不用意にクレジットカード番号など入力しないよう注意喚起を行っている。

電話の自動音声を利用した詐欺は、2006年ごろに海外で攻撃が確認されており、「ビッシング」と呼ばれている。米国では2008年6月に再び増加傾向としてセキュリティベンダーが警告を発していた。

また情報の詐取とは異なるが、国内では2007年11月ごろに、NTT東日本を装って自動音声と有人を組み合わせた「料金返還詐欺」が発生している。

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
SNS経由で個人情報求める偽「国境なき医師団」に注意
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害