Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が小売店の調査データ含むUSBメモリを紛失 - 神奈川県

神奈川県の職員が、大型小売店統計調査に関するデータを保存したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明となっているメモリには、県の大型小売店調査のバックアップデータが保存されていた。同調査は、県が独自に実施しており、業態別に商品別売上、従業員数、売場面積のを毎月取りまとめ、公表しているもの。

県によれば紛失したバックアップデータは、617店舗分のデータベースなど一部はパスワードが設定されているものの、百貨店一覧や百貨店協会から提供を受けた加盟店売上高月報、大型スーパー4社の店舗情報といったファイルには、パスワードが設定されていないという。

職員が7月9日に出勤した際、自席の引き出しに保管していたメモリが見あたらないことに気が付いた。同県では、関連する各店舗に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院