Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの月例パッチ適用で、「ZoneAlarm」にネット接続不可となる問題

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、マイクロソフトが7月に公開した月例更新プログラムを適用した際に、同社ファイアウォール製品「ZoneAlarm」でインターネット接続が行えなくなる問題についてアドバイザリを公表した。

今回明らかになった問題は、DNSの脆弱性を解消する「MS08-037」を適用した場合、「ZoneAlarm」の設定によってインターネットへ接続できなくなるもの。「ZoneAlarm Internet Security Suite」「同Pro」「同Antivirus」「同Anti-Spyware」「同Basic Firewall」が影響を受ける。

英語版についてアップデートの提供が開始されている。また同社では更新プログラムの一時アンインストールや、ファイアウォールのセキュリティを「中」に設定するなど、一時的な回避策を案内している。

Workaround to Sudden Loss of Internet Access Problem
http://download.zonealarm.com/bin/free/pressReleases/2008/LossOfInternetAccessIssue.html

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
http://www.checkpoint.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト