Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーや楽天などセキュリティベンダーとして存在感増すネットモール事業者

IDC Japanの調査によれば、セキュリティベンダーとして、ヤフーをはじめ、楽天、DeNAなど、インターネットモール運営事業者の存在感が増しているという。

同社が2008年2月、国内中堅中小企業を対象に情報セキュリティやコンプライアンス分野の投資状況などを調査した結果、判明したもの。

同調査によれば、情報セキュリティ関連の2008年度予算について、約30%の中堅中小企業が増加すると回答。さらに前年度と同水準との回答を含めると約90%に上り、セキュリティ対策へ積極的な姿勢を示す企業が多い。

投資対象は、7割以上の企業が導入しているウイルス対策をはじめ、スパムメール対策、ファイアウォール、VPNなどが中心に進んでいる。一方、不正侵入対策製品やアクセス管理製品の導入は進んでいないが、情報漏洩の多発などを受け、IDCでは今後利用が拡大すると予測。またアンケートの結果からアウトソーシングサービスの需要増加を見込んでいる。

また、ヤフー、楽天、DeNAなどインターネットモール運営事業者が、出店者に対してセキュリティソリューションをASPやSaaSにより提供するケースも目だってきており、有力なセキュリティベンダーとなりつつあるという。

(Security NEXT - 2008/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
2015年の国内セキュリティ市場は8965億円 - 前年比6.4%増
IT予算に占めるセキュリティ対策は16.4% - 過去最高を更新
企業の約2割、個人依存のきわめて脆弱な状態 - IDC Japan調査
7割の企業が「戦略的IT投資」推進で専任組織を設置
IT投資の対象で「セキュリティ」が課題のトップ