Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウイルスバスターの修正パッチを配布開始 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0」の不具合を解消するパッチを公開した。

今回公開されたのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0Critical Patch Readme(ビルド 1257.1)」。クライアント監視サービスにおいて、クライアントモジュールのロックを適切に解除しなかった場合に、修正プログラムなどを配信できなくなる問題を解消した。

同社ウェブサイト上よりダウンロードすることができる。

ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0 Critical Patch (Build_1257.1) 公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1107

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
RealPlayerに危険度が高いバッファオーバーフローの脆弱性
デル製PCでMS月例パッチ適用後に不具合 - 画面固まりログインできず
MS月例パッチが「FREAK」対応 - 回避策実施時はパッチ適用前に解除を
キングソフト、ブルースクリーン問題はMS月例パッチ側の問題と主張
「Kingsoft Internet Security」に不具合 - MS月例パッチ適用で起動時にエラー
MS、一部月例パッチの配信を中止 - 一部環境で不具合が発生
「BIND 9」の「DNSSEC」機能に脆弱性 - パッチ適用で解消
「ServerProtect」の一部で定義ファイル読み込めなくなる不具合
「Windows XP SP2」が7月にサポート期限、パッチ提供停止に - 早めの移行準備を