Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻度「重要」4件の更新プログラムを公開 - マイクロソフト

マイクロソフトは、7月のセキュリティ更新プログラム4件を公開した。同社が4日に公開した予告どおり、いずれも深刻度は「重要」となっている。

DNSクライアントやサーバの脆弱性を解決する更新プログラム「MS08-037」では、2件の脆弱性へ対処したもの。この脆弱性は、攻撃を受けた場合、ドメイン名の解決が正しく行われず、不正なサイトへアクセスするおそれがある。

更新プログラム「MS08-039」では、「Microsoft Exchange Server」の「Outlook Web Access(OWA)」において、セッションデータへのアクセス権を取得される脆弱性2件を解決。

「MS08-038」では、Windows VistaやWindows Server 2008が影響を受けるWindowsエクスプローラの脆弱性に対するプログラム。特殊な条件下で細工されたファイルを開いた際にリモートでコードが実行される問題を解消した。

また第三者によりコードが実行され、コンピュータが乗っ取られるSQLサーバの脆弱性を解決する「MS08-040」では、4件の脆弱性に対応した。一部製品では手動で更新プログラムを適用する必要があるため注意が必要となる。

2008年7月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ