Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブとメールのフィルタリングを実現するパッケージ - デジタルアーツ

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトとメールフィルタリングソフトをパッケージ化した「DigitalArts Filtering Suite」を発売した。

同製品は、ウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」とメールフィルタリングソフト「m-FILTER」をパッケージ化して提供するもの。個別に購入する場合と比較し、約30%の割引価格で提供される。搭載された機能によって3種類のパッケージが用意されており、必要に応じて選択できる。

「Full Edition」は、ウェブ経由の情報漏洩防止やアクセスログの管理など「i-FILTER」の機能のほか、「m-FILTER」が備えるメール経由の情報漏洩防止、メールの全文保存、スパム対策、添付ファイルスキャンなど全機能を搭載。「Security Edition」ではスパム対策機能以外がすべて提供され、「Anti-Spam Edition」ではi-FILTERの機能とスパム対策機能が提供される。

(Security NEXT - 2008/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト