Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の国内のフィッシング報告は微増 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、5月に同協議会へ届けられたフィッシングの状況をとりまとめ、公表した。

5月は、フィッシングの報告が1件と少なかった4月から2件増加し、3件だった。フィッシングメール、フィッシングサイトは、いずれも3件と同様に増加したものの、過去1年間の平均より低い件数だった。

ブランドの悪用も同じく3件で、金融に関するものが2件。以前にフィッシングメールが確認されている「Bank of America」が再び標的とされているが、内容は以前のものと異なり、「定期メンテナンスで異常が検知された」といった文言で偽サイトへ誘引するという。

また「PayPal」のフィッシングメールも発生しており、「アカウントに不正な取引があったため、アクセスを制限している」としてウェブサイト上から情報を入力させようとするものだった。金融以外の1件は「Google AdWords」を偽装したもので、決済がうまくいかないとして中国へアクセスさせ、IDやパスワードを詐取するものだった。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ