Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の国内のフィッシング報告は微増 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、5月に同協議会へ届けられたフィッシングの状況をとりまとめ、公表した。

5月は、フィッシングの報告が1件と少なかった4月から2件増加し、3件だった。フィッシングメール、フィッシングサイトは、いずれも3件と同様に増加したものの、過去1年間の平均より低い件数だった。

ブランドの悪用も同じく3件で、金融に関するものが2件。以前にフィッシングメールが確認されている「Bank of America」が再び標的とされているが、内容は以前のものと異なり、「定期メンテナンスで異常が検知された」といった文言で偽サイトへ誘引するという。

また「PayPal」のフィッシングメールも発生しており、「アカウントに不正な取引があったため、アクセスを制限している」としてウェブサイト上から情報を入力させようとするものだった。金融以外の1件は「Google AdWords」を偽装したもので、決済がうまくいかないとして中国へアクセスさせ、IDやパスワードを詐取するものだった。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取