Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールによるパスワード配布にも対応したOTPサーバ - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、ワンタイムパスワードの認証サーバ「RSA Authentication Manager 7.1」を8月15日より提供開始する。

同製品は、「RSA SecurID」が生成するワンタイムパスワードに対応した認証サーバ。Windowsのデスクトップ環境やVMwareによる仮想ディスクトップ環境、ウェブなどの認証を実現する。

最新版では、新機能として「On-Demandトークン」と「Business Continuity Option」を追加。「On-Demandトークン」では、メールでワンタイムパスワードを送信することが可能で、従来のハードウェアトークンやソフトウェアトークンと併用することも可能。

また「Business Continuity Option」は、緊急時にRSA SecurIDのユーザーライセンス数を一時的に増やす機能。自然災害や伝染病の発生はもちろん、一時的なプロジェクトなどの際利用できる。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス
IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応
三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン
ソフトクリエイト、cybozu.comでSSOを実現するオプション提供
NTTコム、企業向けSSOサービスのトライアル提供を開始