Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続PCを検知し、電話とメールで通報するシステム - 日本電通

日本電通は、未登録PCの不正接続をブロックして、管理者へ電話とメールで通報する不正接続検知システム「netルーコサイト」を、7月7日より発売する。

同システムは、未登録の持込みPCが社内ネットワークへ接続されるのを防ぐとともに、管理者へ通知する不正接続監視ソリューション。端末はMACアドレスで登録、管理し、システムに登録されていない端末は不正接続と判断して遮断する。また、IPアドレスや使用場所の登録も可能で、登録内容と異なる場合は不正接続として検知する。

不正接続を検知した場合には管理者へ電話とメールで通知されるほか、発生場所でランプやブザーによる警報が行われるため、不正利用者への威嚇効果も期待できるという。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ