Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続PCを検知し、電話とメールで通報するシステム - 日本電通

日本電通は、未登録PCの不正接続をブロックして、管理者へ電話とメールで通報する不正接続検知システム「netルーコサイト」を、7月7日より発売する。

同システムは、未登録の持込みPCが社内ネットワークへ接続されるのを防ぐとともに、管理者へ通知する不正接続監視ソリューション。端末はMACアドレスで登録、管理し、システムに登録されていない端末は不正接続と判断して遮断する。また、IPアドレスや使用場所の登録も可能で、登録内容と異なる場合は不正接続として検知する。

不正接続を検知した場合には管理者へ電話とメールで通知されるほか、発生場所でランプやブザーによる警報が行われるため、不正利用者への威嚇効果も期待できるという。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス