Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続PCを検知し、電話とメールで通報するシステム - 日本電通

日本電通は、未登録PCの不正接続をブロックして、管理者へ電話とメールで通報する不正接続検知システム「netルーコサイト」を、7月7日より発売する。

同システムは、未登録の持込みPCが社内ネットワークへ接続されるのを防ぐとともに、管理者へ通知する不正接続監視ソリューション。端末はMACアドレスで登録、管理し、システムに登録されていない端末は不正接続と判断して遮断する。また、IPアドレスや使用場所の登録も可能で、登録内容と異なる場合は不正接続として検知する。

不正接続を検知した場合には管理者へ電話とメールで通知されるほか、発生場所でランプやブザーによる警報が行われるため、不正利用者への威嚇効果も期待できるという。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ