Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

署名など含むクレジット売上票1万3000枚を紛失 - JR東海

JR東海の掛川駅において、クレジットカードの売上伝票控え1万2993枚が所在不明になっていることがわかった。

同社によれば、紛失したのは2008年2月13日から4月30日にかけて同駅南口の切符売り場が取り扱った伝票1万2107枚。これら伝票には、顧客の署名やカード会社の略号、一部文字が伏せられたクレジットカード番号、取引内容記載されており、8497人分の個人情報が含まれる。

帳票の保管倉庫において、ほかの廃棄帳票などに紛れ、誤って焼却処分した可能性が高いと同社では説明しており、情報が不正に利用されたといった報告も受けていないという。同社は今後必要に応じてクレジットカード会社と対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2008/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
個人情報の廃棄ミスを公表 - JR西日本ホテル開発
プレゼントの当選通知メールで誤送信、メアド流出 - JR九州
「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本
職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県