Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリへの攻撃をブロックする「SiteShell」 - NECシステムテクノロジー

NECシステムテクノロジーは、脆弱性を悪用した攻撃からウェブアプリケーションやデータを保護する「SiteShell」を発売した。

同製品は、サーバにインストールすることで、SQLインジェクション攻撃などウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃をブロックし、情報流出やサイト改ざんなどの被害を防ぐセキュリティ対策ソリューション。

年間保守更新サービスでは、あらたな脆弱性に対応するプログラムが継続的に提供。あらたな脆弱性が脆弱性に対しても情報入手後5日以内にプログラムを更新する。価格は製品を購入する場合、サーバ1台210万円から。年間保守費用が別途必要。保守費用を含めた年間ライセンス方式も用意している。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト