Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レポート機能やデータ収集機能を強化したシステム監査ソリューション - KCCS

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、機能強化により大規模環境へ柔軟に対応する監査ソリューションの最新版「Ecora Auditor Pro. Version4.5」を、7月15日より提供開始する。

同製品は、米Ecora Softwareが開発した企業向けの監査ソリューション。サーバおよびアプリケーションのアカウント情報やセキュリティパッチ適用状況など、情報機器の資産情報を自動収集、システムの状態をチェックできる。900種以上のレポートテンプレートにより、多様な視点からレポートを作成することが可能。

最新版では、大規模環境への対応を強化しており、収集データを経営層向けにグラフィカルに加工、ウェブブラウザから効率よく閲覧できる「コンプライアンスセンター機能」を追加した。またデータ収集の面では、必要なデータを効率よく収集する「選択収集機能」や、DMZ上のデータ収集を実現する「エージェント機能」などを用意。

さらに従来のCSV、HTMLによるレポート形式にくわえ、PDFとXML形式が利用可能となった。これにより、「HP OpenView Service Desk」や「BMC Remedy」など他社製品との連携が可能になった。

080625kc.jpg

(Security NEXT - 2008/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援