Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で氏名やアドレスなど約2000件が流出 - 流量計メーカー

流量計などの製造、販売を展開するコフロックは、会員を対象としたメールマガジンを配信した際、操作ミスにより読者約2000人分の氏名とアドレスが流出したことを明らかにした。

誤配信が発生したのは、6月2日に配信したメールマガジン。担当者の操作ミスにより「宛先」にアドレスを入力して送信したため、会員約2000人分の氏名とメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では今回の事故を受け、同社では誤送信防止に向けた配信プログラムの導入や社内教育、チェックの強化など再発防止策を実施。新規配信プログラムの安全性が確認されるまでは、メールマガジンの配信を停止するとという。

(Security NEXT - 2008/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構