Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPとIWI、入館から退館までほぼすべての行動を監視するシステムを開発

大日本印刷(DNP)とインテリジェントウェイブ(IWI)は、ICカードを利用し、オフィス内の行動を監視、記録できるセキュリティシステムを開発した。9月よりクレディセゾンの関西ユビキタスへ提供を開始する。

今回開発したシステムは、DNPのICカード社員証や入退室ゲート、監視カメラに加え、IWIの情報漏洩対策ソフト「CWAT」やログ管理ソフト「LogAuditor」などパソコンやネットワークのアクセス制御製品を統合させたもの。

物理的な対策と情報セキュリティシステムを統合したことで、入館から退館までのほぼすべての行為を監視、制御可能。ログの解析により違反行為を把握することができる。

(Security NEXT - 2008/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発
スマホから開設できる印鑑レス口座をスタート - 三菱東京UFJ銀
富士ゼロックスら、コンビニプリントサービスを法人展開 - FeliCa認証に対応
DNPとGemalto、スマホの生体認証機能を活用した認証サービス
DNPとサイバートラスト、オンライン本人確認サービスの利用促進で協業
権限委譲やアプリ連携などログオン認証製品を機能強化
エプソン、複合機向けにICカードによる認証印刷オプション
スカイコム、プリント内容をログ保存するソフト