Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008第1四半期の国内フィッシング詐欺は前四半期から減少

フィッシング対策協議会によれば、2008年第1四半期の国内のフィッシング詐欺の報告件数は34件で、2007年第4四半期の54件から大きく減少したことが明らかになった。

2007年第3、第4四半期はいずれも50件を越えていたが、一転大きく減少し、2007年前半よりも低いレベルと落ち着きを見せている。攻撃の傾向としては、大手SNSサイトである「mixi」やNTTドコモ、ニフティのフィッシング詐欺が発生したほか、3月にはイーバンク銀行やゆうちょ銀行など金融を狙った攻撃が観測された。

海外の状況としては、2007年9月に3万8514件とピークを迎えたが、以降減少傾向が続き、同年12月に2万5683件となった。しかし、再び増加し1月は2万9284件と3万件をうかがう勢い。商標の不正利用については2007年11月に178件まで増加したが、以降減少し、1月は131件だった。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も