Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイアックスと手嶋屋、「OpenPNE」向け投稿監視サービスを提供

ガイアックスは手嶋屋と協業し、コミュニティサイトにおける不適切な書き込みを24時間365日体制で監視するサービス「SNS監視for OpenPNE」を提供する。

同サービスは、出会い系や自殺予告、犯行予告、個人に対する誹謗中傷などコミュニティサイトにおける不適切な投稿を監視して、健全な運営をサポートするもの。手嶋屋のオープンソース「OpenPNE」向けにガイアックスが独自開発した監視専用ツールを利用し、24時間体制で有人監視を行う。

有人の目視監視にくわえ、テキストコンテンツには不適切な文字列だけを抽出するNGワードフィルタを用いることで、低コストでの監視も可能だという。料金は月額5万円から。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開