Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイアックスと手嶋屋、「OpenPNE」向け投稿監視サービスを提供

ガイアックスは手嶋屋と協業し、コミュニティサイトにおける不適切な書き込みを24時間365日体制で監視するサービス「SNS監視for OpenPNE」を提供する。

同サービスは、出会い系や自殺予告、犯行予告、個人に対する誹謗中傷などコミュニティサイトにおける不適切な投稿を監視して、健全な運営をサポートするもの。手嶋屋のオープンソース「OpenPNE」向けにガイアックスが独自開発した監視専用ツールを利用し、24時間体制で有人監視を行う。

有人の目視監視にくわえ、テキストコンテンツには不適切な文字列だけを抽出するNGワードフィルタを用いることで、低コストでの監視も可能だという。料金は月額5万円から。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン