Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリへの攻撃防御を2週間試せるキャンペーン - 検知結果レポートも

NTTデータ・セキュリティは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を2週間無料で貸し出すキャンペーンを9月30日まで実施している。

同キャンペーンは、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングをはじめとするウェブアプリケーションへの攻撃を防御するImperva製のWAF「 SecureSphere」を2週間無料で貸し出すもので、機器の設置や初期設定も無料で提供する。

試用期間終了後は、攻撃検知の結果レポート。またキャンペーン利用者に対してサービス価格で提供する。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
中小企業向けにウェブアプリ診断サービス - セキュアイノベーション
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能