Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky製品の更新データに問題なし - 経路上で破損か

ジャストシステムは、Kaspersky製品の更新処理においてエラーが発生していた問題で、データそのものに不具合はなかったと発表した。

6月18日朝から定義ファイルの更新においてエラーが発生し、同社では原因究明を進めていたが、調査の結果、更新サーバの配信データに問題は見つからなかったという。

そのため同社では、ネットワーク上でデータが破損した可能性があるとして、不具合が生じた場合は、再度更新処理を実行するよう呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット