Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者数に関係なく容量で課金するデータバックアップサービス - IBM

日本IBMは、インターネット経由でデータのバックアップを行う「IBM インフォーメーション・プロテクション・サービス リモート・データ保護」を、8月1日より開始する。

同サービスは、同社データセンターの専用システムで、PCやファイルサーバのデータをインターネットを介してバックアップするサービス。専用ソフトをインストールし、バックアップする頻度を設定するだけで利用できる。データは暗号化された状態でデータセンターへ送信され、専用ソフトでファイル単位から復元できる。

ユーザーや機器の数によらず、取得したデータ容量に応じて課金する料金体系を採用した。データの保管期間ごとに複数のメニューを用意しており、保管期間が最も短い1週間の場合、1Gバイトあたり950円となっている。

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供