Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky製品でウイルス定義データベース更新に障害 - 原因は調査中

Kaspersky製品において、ウイルス定義データベース更新処理に障害が発生している。

ジャストシステムによると、6月18日の朝から定義ファイルの更新処理でエラーが発生する現象を確認しており、現在原因について調査を進めているという。

同社では不具合が発生しているユーザーに対して、改めてデータベースの更新処理を試してみてほしいと呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
月例パッチ適用後、「Outlook」で一部添付ファイルの閲覧に不具合
信用情報約3万件が更新漏れ、融資審査に影響の可能性 - 肥後銀
個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み
ゆうちょ銀行、プログラム適用ミスにより一部ATMで不具合
IP電話高額請求74件、被害額5000万円 - IP電話ベンダー反論「法的責任ない」
デル製PCでの不具合、MS月例パッチの適用順に起因か
デル製PCでMS月例パッチ適用後に不具合 - 画面固まりログインできず