Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

助成制度の審査書類を誤って第三者へ送信 - 横浜市の財団

横浜市芸術文化振興財団の職員が、助成制度の審査書類を、誤って関係ない第三者へメールで送信したことがわかった。さらにメーリングリストを通じて約40人に転送されたという。

誤送信されたのは、「平成20年度横浜市先駆的芸術活動助成」における審査のために作成された書類で、申請した65団体の団体名および代表者名、一部住所、活動内容、申請理由、申請額、過去の交付実績などが記載されていた。

6月9日に職員が審査員へメール送信しようとしたところ、アドレス入力ミスにより関係ない第三者に送信。翌日、受信者からの連絡で事故が判明し、誤送信された文書の削除を依頼した。

しかしその後、受信した市民が登録していたメーリングリストを通じて、同じ文書が約40人に転送されていたことが発覚。メーリングリスト登録者に対してもメールの削除を依頼したという。

同財団では、対象となる団体に説明と謝罪の文書を送付した。また、重要文書については本来の受信者以外は開封できないよう、パスワード設定などを実施する。

(Security NEXT - 2008/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協