Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kingsoft Internet Security 2007」の不具合が解消

「Kingsoft Internet Security 2007」の一部ユーザーにおいて、オンラインアップデートができない障害が発生していた問題で、キングソフトは17日19時ごろにサービスが復旧したと発表した。

ソフトウェアのバグにより、ユーザーの環境やアップデート状況によって6月11日からアップデートできない状態が発生していた。同社では、一部のユーザーに限られた症状だったため、バグの発見と確認が遅れたとしてサイト上で謝罪した。

キングソフト
http://www.kingsoft.jp/

(Security NEXT - 2008/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
RealPlayerに危険度が高いバッファオーバーフローの脆弱性
Windows 10のメジャーUDで一部ESET製品に不具合 - マルウェア対策がオフに
7月1日に「うるう秒」挿入 - システムトラブルに警戒を
MS、不正な証明書を失効処置 - 「WS 2003」向け更新プログラムは準備中
MS月例更新、ルート証明書更新プログラムに不具合
MS、月例パッチ「MS14-045」のアンインストールを推奨 - 不具合出てない端末も
重大な不具合を修正した「DocuWorks 8.0.4」を提供開始 - 富士ゼロックス