Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCCM 2007に一部環境でセキュリティパッチを展開できない問題

IT資産の管理や更新プログラムの管理が行える「System Center Configuration Manager(SCCM) 2007」において、一部環境下でセキュリティ更新プログラムを展開できないとの報告を受け、マイクロソフトは調査を進めている。

マイクロソフトが公表したアドバイザリによれば、「SCCM 2007」において、「Systems Management Server(SMS) 2003クライアント」に対し、更新プログラムを展開できない不具合が報告されているという。そのため、6月に公開された最新のセキュリティ更新プログラムを適用するには、SCCM 2007の「ソフトウェア配布機能」や、「WSUS」「SMS 2003サイトサーバ」などを利用する必要がある。

マイクロソフトでは、不具合についてセキュリティ上の脆弱性ではないとしているが、今後問題を解決する更新プログラムを提供する予定。

System Center Configuration Manager 2007 によるセキュリティ更新プログラムの展開がブロックされる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/954474.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Cisco製スイッチ設定ツールに攻撃受けるおそれ - 国レベルの攻撃で悪用、複数国で被害
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も
トレンドマイクロのメールセキュリティ製品に複数の脆弱性
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ