Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCCM 2007に一部環境でセキュリティパッチを展開できない問題

IT資産の管理や更新プログラムの管理が行える「System Center Configuration Manager(SCCM) 2007」において、一部環境下でセキュリティ更新プログラムを展開できないとの報告を受け、マイクロソフトは調査を進めている。

マイクロソフトが公表したアドバイザリによれば、「SCCM 2007」において、「Systems Management Server(SMS) 2003クライアント」に対し、更新プログラムを展開できない不具合が報告されているという。そのため、6月に公開された最新のセキュリティ更新プログラムを適用するには、SCCM 2007の「ソフトウェア配布機能」や、「WSUS」「SMS 2003サイトサーバ」などを利用する必要がある。

マイクロソフトでは、不具合についてセキュリティ上の脆弱性ではないとしているが、今後問題を解決する更新プログラムを提供する予定。

System Center Configuration Manager 2007 によるセキュリティ更新プログラムの展開がブロックされる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/954474.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
「Intel AMT」などの脆弱性、悪用方法の詳細が公開 - 影響の確認や対策を
MSのマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性 - 急遽修正を実施