Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オプションでHTTPS経由の脅威にも対応する「MIMEsweeper Web Appliance」

クリアスウィフトは、ウェブセキュリティソリューションの最新版「MIMEsweeper Web Appliance 1.2.1」を発売した。

同製品は、双方向のウェブトラフィックについて監視し、ウェブサイト経由によるウイルスやスパイウェアの侵入を防いだり、URLフィルタリングを実現するセキュリティアプライアンス。Web2.0サイトなど、外部への書き込みを禁止し、情報漏洩の防止にも活用できる。

最新版では、有償オプションの「HTTPSコンテンツ分析」や「Reverse Proxy」を追加。HTTPSコンテンツ分析では、HTTPSトラフィックについても監視し、マルウェアの侵入や外部サイトへの情報漏洩を防止することが可能。必要に応じて特定のトラフィックのみ許可することもできる。

また「Reverse Proxyモデル」では、公開しているウェブサーバへ不適切な投稿から守ることができる。さらに同社の「MIMEsweeper Email Appliance」を併用する場合、共通の管理画面から管理したり、レポートを作成することができるようになった。またソフトウェアアプライアンスを追加し、認定ハードウェアプラットフォームで使用できる。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す