Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフトら、複合カフェ協会加盟店へウイルス対策ソフトを無償提供

キングソフトとインターピアは、日本複合カフェ協会を通じて同協会加盟店舗を対象に「Kingsoft Internet Security U」を無償で提供する。

両社によると、インターネットカフェでは、セキュリティ対策としてリカバリーツールは広く普及している一方で、セキュリティ対策ソフトについてはコスト面から導入していない店舗も多いという。

LAN経由のウイルス感染などを防止するためにはセキュリティ対策ソフトが必要となるため、両社では同ソフトの商用ライセンス「ネットカフェ版」を用意。日本複合カフェ協会加盟店を中心に無償で提供し、セキュリティ対策をサポートする。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成