Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフトら、複合カフェ協会加盟店へウイルス対策ソフトを無償提供

キングソフトとインターピアは、日本複合カフェ協会を通じて同協会加盟店舗を対象に「Kingsoft Internet Security U」を無償で提供する。

両社によると、インターネットカフェでは、セキュリティ対策としてリカバリーツールは広く普及している一方で、セキュリティ対策ソフトについてはコスト面から導入していない店舗も多いという。

LAN経由のウイルス感染などを防止するためにはセキュリティ対策ソフトが必要となるため、両社では同ソフトの商用ライセンス「ネットカフェ版」を用意。日本複合カフェ協会加盟店を中心に無償で提供し、セキュリティ対策をサポートする。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン